HOME > 羽毛製品のリサイクル

羽毛製品のリサイクル

Green Down Project ロゴマーク羽毛 (ダウン) とは水鳥 (ガチョウやアヒル) の胸に生えている毛のこと。羽毛製品は軽くて暖かいため世界的に人気で、近年供給が追いつかない状態になっています。
ヨーロッパでは昔から羽毛のリサイクルが行われてきましたが、日本ではいまだに使い捨て。羽毛は大切な天然資源ですから、日本でも羽毛のリサイクルを広めたいですね。
羽毛は洗浄・精製すれば、再び高品質な原料に戻すことができます。羽毛製品はぜひリサイクルしましょう。

品質表示の例●回収品目

ダウン率50%以上の羽毛布団やダウンジャケット

品質表示のタグに「ダウン=羽毛」と「フェザー=羽根」の割合が記載されています。
汚れたり穴のあいているものでもOKです。
※綿布団、化繊布団は不可。
綿布団、化繊布団は不可

●回収場所

出し方例羽毛製品は次の3カ所で回収しています。
エコロジーセンターRe☆創庫あつた (名古屋市熱田区)
エコロジーセンターRe☆創庫春日井 (春日井市二子町)
エコロジーセンターRe☆創庫さくら (名古屋市南区)
※リユース&リサイクルステーション、Re☆ショップよしのでは回収していません。

●出し方

・ビニール袋に入れて、入らなければそのままお出しください。

●問い合わせ

中部リサイクル運動市民の会 事務局
TEL:052-982-9079 (平日10〜17時)

●再資源化協力

一般社団法人Green Down Project