HOME > 活動レポート > レポート詳細

2013年6月22日 (土)

第14回通常総会 & エコロビトセミナー

2013年6月22日 (土)、日本陶磁器センタービルにおいて、第14回の通常総会が開催され、20名の会員にご参加いただきました。

総会&講演会の様子まずは2012年度の事業報告から。リユース&リサイクル事業については、リユース拡大のための新たな取り組みや、エコロジーセンターRe☆創庫の運営状況・成果などを中心に、担当者から報告がされました。Re☆創庫の運営については、特に多くの質問をいただきました。その後、それ以外の部門の事業報告、収支決算などの報告があり、それぞれ質疑応答と審議がなされました。

事業報告の後、事務所移転と特定非営利活動の種類の追加に伴う、定款の変更について説明がされ、役員の改選についての報告の後、新任理事の青木邦子さんからの挨拶がありました。最後に役員報酬についての議案の説明と質疑応答があり、事業報告・収支決算・定款の変更・役員の改選・役員報酬についての提案あわせ、全ての議案について原案通り全会一致で承認されました。
引き続き、2013〜2015年度の中期重点項目、2013年度新規事業と人員体制、2013年度の予算についての報告がありました。事業の転換期にある中部リサイクルとして、今回は議案が多く、「質疑応答と討議の時間がもっと欲しい」というご意見をいただいたため、次年度の総会運営に活かしたいと思います。

ジョン=ヒョンジンさん午後からは、エコロビトセミナー『韓国のリユース&リサイクルの現状』として、韓国のチャリティ団体「美しい店」の仁川富川チーム 東仁川店マネージャー、ジョン=ヒョンジンさんに講演をしていただきました。「美しい店」は2002年に設立され、市民からの寄贈品を販売することを通じて、かつてはあった「分かち合い」の文化を現代に再生することを目指しています。韓国全土に119店舗を展開し、韓国に「リサイクル文化」を定着させた社会的企業です。
32名の参加者は、韓国ではチャリティやボランティアが社会の中で一般的で、多くの市民が参加していること、またリユース品の流れやチャリティの内容、店舗の運営などに関する、詳細な資料と写真に基づくジョンさんの話に、熱心に聞き入っていました。
「美しい店」の店内 / 支援先の一つ、「美しい図書館」in NEPAL

以下は参加いただいた皆さんのアンケートに書かれた感想です。

「事業の規模の広さと深さに感動です。」
「ジョンさんの誠実なプレゼンと回答に感動しました。美しい店の組織も同様に心ある店と想像できます。」
「是非センターやお店の見学に行きたいです!!」

忙しい中、会場に足を運んでいただいた皆さん、ありがとうございました !

(報告 / 庄司 (里) )