HOME > 活動レポート > レポート詳細

2013年5月25日 (土)

春のクリーン大作戦&干潟の生き物観察会

5月25日 (土)、名古屋市港区にある「藤前活動センター」周辺において、「春のクリーン大作戦&干潟の生き物観察会」が行われました。

このイベントは、毎年2回開催されている「藤前干潟クリーン大作戦」に同調する形で、中部電力グループの従業員のご家族の皆様が家庭や地域で環境保全活動に取り組む「中部電力グループECOポイント活動」、「NPO法人藤前干潟を守る会」、「NPO法人中部リサイクル運動市民の会」の3団体の協働で開催されました。

この日は、中部電力グループECOポイント活動から12名、中部リサイクル運動市民の会から4名の計16名が参加。藤前干潟クリーン大作戦全体では474名の参加がありました。最初に、藤前干潟を守る会のスタッフの方から、プラスチックごみや釣り糸などが海の生き物の命を脅かしていることなどが説明されました。
初夏の強い日差しの中、参加者は10時半ごろから約1時間、藤前干潟周辺の海岸沿いを中心にごみ拾いを行いました。藤前干潟には、川から流れてくるごみだけでなく、海から運ばれてくるごみも溜まっていました。中には、タイヤや大型の金属ごみなども落ちていました。
堤防沿いに集合した参加者 / 丁寧にごみを拾いました

最終的には、藤前干潟クリーン大作戦全体で、45リットル袋換算で122袋のごみが回収されました。回収されたごみを見て、普段の生活を振り返ることができ、大人にとっても子どもにとっても有意義な経験となりました。
活動全体で集まった可燃ごみ / 金属類や大型ごみも集まりました

2013年秋の藤前干潟クリーン大作戦は、11月16日 (土) の予定です。どなたでも参加できますので、関心のある方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

(報告 / 和喜田 )