笠原 尚志 (かさはら ひさし)  理事

笠原尚志写真 リサイクル事業を営んでいる (株) 中西の代表取締役をしています。思えば約20年前にこの会社を萩原喜之氏に紹介してもらい、最初はアルバイト気分で始めたのが今ではどっぷり浸かってしまいました。人生一体どうなるか分かりません。それがまた運命の面白い所なのでしょうか………。でも、ごみの世界は奥が深く興味深いですよ。

なぜ私はこの世界に突入したのでしょうか。さかのぼる事1973年10月。それは第1次オイルショックが勃発した年でした。当時私は見目麗しき二十歳の青年でしたが、その出来事は青年の心に「日本には資源がないんだ」と確信させました。それ以来私の心の中では、日本における石油に代わるエネルギーの事ばかりが気がかりになり、それが様々な環境問題に関心を持つきっかけとなり、中部リサイクルへと導かれる運命となったのです。

仕事をしながら環境問題に携われる、こんな素晴らしいことはありません。中部リサイクルのスタッフの皆さんも同じ思いだと感じます。スタッフの夢が叶うようにまた少しでもスタッフの生活が楽になるように、夢でもあった ( ? ) 中部リサイクルの理事となったのをきっけにこれからも皆でコラボしてきましょう。

(2009年7月)