HOME > 活動内容 > ネットワークによる活動 > NPOの支援・インキュベート

NPOの支援・インキュベート

共同オフィスの運営

事務所のスペースの一部をNPOなどに提供することで、ネットワークを広げ、お互いの活動の向上に活かしたいと考えています。

「地域循環型市民社会」の実現のための支援活動

中部リサイクル運動市民の会は、会のミッション (達成目標) である「地域循環型市民社会」の実現のために、新たなNPOの立ち上げや活動に対する支援活動を行っています。

● 特定非営利活動法人地域の未来・志援センター

特定非営利活動法人地域の未来・志援センターは、持続可能な地域づくりに「志 (こころざし) 」をもって取り組んでいるNPO・企業・行政セクターの活動を支援するための環境活動中間支援組織です。2004年12月に正式に発足し、現在は愛知・岐阜・三重の環境活動の情報収集と情報発信を行っています。
中部リサイクル運動市民の会はセンターの構想・設立準備の段階から関わり、ともに地域の環境活動の発展を目指したいと考えています。
※当会理事の萩原喜之が、特定非営利活動法人地域の未来・志援センターの代表理事に就任しています。
特定非営利活動法人地域の未来・志援センターホームページ

● 特定非営利活動法人エコデザイン市民社会フォーラム

エコデザイン市民社会フォーラムは、持続可能な地域循環型市民社会の実現を目指し、「お金」の視点から環境問題に取り組んでいるNPOです。愛・地球博を契機に、「EXPOエコマネー」という地域通貨を発行し、市民・NPO・企業・行政の協働による共創プログラムを実践しています。
中部リサイクル運動市民の会は、設立準備の段階から関わり、運営に協力しています。
※当会理事の萩原喜之がエコデザイン市民社会フォーラムの代表理事に就任しています。
特定非営利活動法人エコデザイン市民社会フォーラムホームページ

● オフィスリサイクルネットワーク

オフィスリサイクルネットワークは、自らの責任で主体的にリサイクルを進めていこうとする中小事業所を支援している非営利の組織です。
中部リサイクル運動市民の会は、前身の「地域リサイクルシステム研究会」の頃からその活動を支援してきました。
※現在は活動を休止しています。
オフィスリサイクルネットワークホームページ (更新停止)

● 生ごみリサイクルネットワーク中部

生ごみリサイクルネットワーク中部は、2001年に開催された「生ごみリサイクル交流集会」をきっかけに誕生した、生ごみリサイクルに取り組む人たちのネットワークです。2003年には第2回の交流集会を行いました。
中部リサイクル運動市民の会は、ネットワーク立ち上げの段階からその活動に参加し、事務局機能を担うなどして協力しています。